Jah Itagaki's REGGAE LIFE [日本版] Special:特集
インタビュー : ウェイン・ワンダー
[posted: 2003年1月21日]

寄稿 : 智美, N.Y.

レゲエ好きの人でウェイン・ワンダーの名前を知らない人はいないだろう。 80年代後半からいままでリリースされた曲はほとんどヒット、 そしてブジュ・バンタンやベイビー・シャムをダンスホールのシーンに送りだした張本人である。 最近ではディワリトラックを使った「No Letting Go」で一躍国際的な人気を獲得、 ニューヨークではヒップホップ系のラジオで1日に1回は必ずかかっているほどである。 その彼が忙しいスケジュールを縫って電話でのインタビューに応じてくれた。


智美(t): 今現在アルバムの製作中と聞いていますがいつ発売になるのでしょう?

ウェイン(w): 製作は終了してて3月4日発売だよ。

t: アルバムについて詳しい事を教えてください。新しい曲のみとなるんでしょうか?それとも以前にリリースされた曲が含まれるんでしょうか?

w: 僕自信このアルバムがコレクターズアイテムみたいになるのは嫌だったし、新しいファンや新しいマーケットへの新曲ももちろん必要だと思うんだ。4曲程は以前リリースされた曲になるよ。エレファントマンとの曲で「Crazy Feeling」、あとはアントラージ・クルー*のデモ・デルガドとの曲。そして最低10曲は新曲になるよ。

t: アントラージ・クルーとエレファントの他にコンビネーションの曲はありますか?

w: あるよ。DJサプライズ**とのコンビだね。

t: そうなんですか。サプライズについての質問なんですが、ウェインとサプライズがいつも一緒に曲をやってますよね。今後サプライズのみやサプライズと他のシンガーとのコンビ曲のリリース等はないのでしょうか?

w: もちろんあるよ。今年、サプライズのソロでの曲をいくつか出す予定なんだよ、だから楽しみにしててほしいな。

t: 自主レーベルであるSingSoからのリリースが2000年以降ないですよね。あなたのウェブサイトでレンキー(ディワリとマスターピースを作った人。ブジュのバンドのキーボードとしても活躍)と一緒に製作活動をしているとありましたが?

w: レンキーはアルバムの方のプロデューサーとして協力してもらったんだ。そもそも僕がプロデュースした曲はSingSoレーベルのものなんだけど、このレーベルのみから最近リリースされた曲っていうのはないね。でもサプライズのソロ、デモ・デルガドのソロ、ショウキー・ルーのソロ、そしてアントラージ・クルーの新曲をリリースする予定だよ。

t: いつ頃のリリース予定なんですか?

w: 僕自信の新アルバム「No Holding Back」の製作とかでその他の事をする時間がなかったからね、まだ制作終了してないんんだけどイースター(4月中旬から下旬にかけて)ぐらいを予定してるよ。

t: 多くの人にとってウェインといえばブジュですよね。数年前にブジュと一緒に全米でリユニオンツアーを行い、今年3月にもニューヨークでブジュと一緒にショーをしますよね。ブジュとの曲での絡み(コンビネーション曲のリリース等)はないのでしょうか?

w: ウェイン・ワンダーは今ソロでの活動とアントラージクルーとしての活動でとても忙しくて他の事をする時間が全くないんだよ。僕はブジュを91年にステージにあげてからずっとツアーとかを共にしてきた。ブジュのパートナーとしての役割は終ったと思ってるよ。

t: 日本人のファンの皆に一言

w: 日本人は僕が1991年に初めて来日した時からずっと支えてくれてる。とても感謝してるよ。これからもどんどん良い曲を作っていくから応援してくれ。

t: どうもありがとうございました。

w: あ、そうだ、日本人のファンに(日本語で)「アイシテマス」と伝えてくれ!(笑)


個人的に私は長年ウェイン・ワンダーのファンである。 ジャマイカでは新人アーティストが出ては消える中、 ウェインはずっとレゲエ界でトップシンガーとして活躍してきた。 3月4日発売の新アルバム「No Holding Back」はその彼のクオリティの高い曲の数々が収録される事となる。 このアルバムはレゲエファンになって間もない人も年期の入ったレゲエファンにもお薦めできるものとなるであろう。

*アントラージ・クルー: ウェイン・ワンダーのアンダーグラウンド・グループ。ウェイン、デモ・デルガドとショウキー・ルーの3人編成。
**サプライズ: ウェイン・ワンダーのDJネーム